Copyright © koya-reiboku agency. All Rights Reserved

【販売代理】株式会社古川ちいきの総合研究所

【施業管理】高野山寺領森林組合

ご連絡先
〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島5-6-13 新大阪御幸ビル 6階 
TEL : 06-7878-6376

FAX : 06-7878-6326 

日本和歌山県伊都郡高野町高野山

宿坊のお部屋にて、肌寒く静寂な空気と共に、目覚めました。
顔を洗って、まずは朝のお勤めへ。読経を聞きつつ手を合わせる、約30分。

いつもの朝とは違う非日常の中、徐々に頭が冴えてきます。
僧侶の講話を聞き、身支度を整えれば、高野山ツアー二日目の幕開けです。

高野山へ来たからには、欠かせない場所の一つ、奥之院へ。
ここは、高野山の信仰の中心であり、お大師さま(弘法大師空海)が御入定されている聖地です。
一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、おおよそ20万基を超える諸大名の墓石や、
祈念碑、慰霊碑の数々が、樹齢400~600年と言われている杉木立の中に立ち並んでいます。

参詣道には、変わった形の杉を多数発見することができます。
お気に入りの1樹を見つけて、また会いに来てみるのも、素敵ですね。
もちろん、歴代武将や著名人の墓を始め、他にない高野山ならではの信仰空間をみることができます。
最後はお大師さまにご挨拶をして、来た道を戻ります。

森や木をテーマに、いくつかのツアースポットを紹介してきましたが、最後はいよいよ高野山の森林へ。

高野山真言宗 総本山金剛峯寺が所有する山林を施業するのは、高野山寺領森林組合。

同組合が1200年の歴史ある森林の造林・育林、及び搬出間伐を実施しています。

今回訪れたのは、「仏法僧の森」と名付けられたエリア。

鳥の仏法僧(ブッポウソウ)が生息できる森づくりを目指して施業しています。

正確には、“姿の仏法僧”と呼ばれる、ブッポウソウ目ブッポウソウと、

“声の仏法僧”と呼ばれる、フクロウ目コノハズクを指します。

 

声のブッポウソウは、昭和30年代までは存在が確認されていますが、

高野山道路の開発を機に減少したと言われています。

また、姿のブッポウソウは、平成初期までは高野山での生存が確認されています。

 

そのため、奥之院周辺の森林は、再びブッポウソウが帰る森づくりを目指して、

針葉樹、広葉樹を健全に育てる施業を続けています。

季節によっても違う景色を見られる、高野山の森林。

森林づくりと木から巡る、高野山の産地ツアーをご紹介してきましたが、
あなたも私たちと共に、高野山の森へ出掛けてみませんか?

高野霊木の製品お取扱いをご検討中の方を対象に、高野山の森林ツアーをご案内しています。

ご参加を希望の方は、お問合せフォームからご連絡ください。

ツアー概要

-ガイド

金剛峯寺境内案内人
 ・高野山寺領森林組合〔施業管理〕
 ・株式会社古川ちいきの総合研究所〔販売代理〕
どちらかの職員、社員が対応させていただきます

 

-スケジュール

下記からお選びください。季節や日程等により、内容が変化するおそれがございます。

・1泊2日コース

・日帰りコース 

 

-持ち物や服装

・歩きやすい靴と服装、雨具、飲み物等のハイキングに適した準備物

・御朱印帳(集めておられる方は、ぜひご持参下さい)

※冬季は積雪のため、ツアーを開催できない場合がございます。

 詳しくは、お問合せください。

 

-ご案内対象者さま

・高野霊木製品のお取り扱い方、ご購入をご検討の方

 

―お申込み情報

・お問合せフォームへ「森林ツアーへ参加したい」とご記入ください。

 日程のご相談等、こちらから折返しご連絡いたします。

後編

~他とない、奥之院の歩き方~

高野山の木を生活に取り入れたい方へ
高野山では、木を伐り使うことで、森に手を入れ管理する循環が維持されています。その施業を取り行う高野山寺領森林組合は、1,000年単位のビジョンを持って森林施業に取組んでいます。そんな森林で育まれた高野山の木を生活に取り入れることで、世界遺産高野山の森林づくりの輪に参加しませんか?

工務店・設計士の方へ

・お施主様へ木材の産地との繋がりをお届けしたい。

・他産地とは違う材木の家づくりで差別化したい。
・高野山の森から特殊材を購入したい。

​このような工務店・設計士様のご要望に
お応えする企画をご案内しています。