Copyright © koya-reiboku agency. All Rights Reserved

【販売代理】株式会社古川ちいきの総合研究所

【施業管理】高野山寺領森林組合

ご連絡先
〒532-0011 
大阪府大阪市淀川区西中島5-6-13 新大阪御幸ビル 6階 
TEL : 06-7878-6376

FAX : 06-7878-6326 

日本和歌山県伊都郡高野町高野山

高野山と森林

金剛峯寺で育まれた高野霊木は

300年、400年の大径木となり、主に寺院の修繕用材として使われます。
 

こうして、自然と共に生きた木が後世に渡って、

人と共に生きる木として活かされています。

 
高野山の森林管理の一環で生産される木材を

製材・加工した商品が「高野霊木」です。

高野山で育まれた木と暮らし、

この森林の「いのち」との繋がりを感じていただければ幸いです。

尊厳護持(そんげんごじ

816年にお大師さま(弘法大師空海)が開創されて以来、1200年に渡りその尊厳が護られてきました。金剛峯寺山林部では、先徳が育成し残してきた森林を1千年2千年とその尊厳を後世に引き継ぐことを理念に森林の管理育成を行っています。

共利群生(きょうりぐんじょう)
金剛峯寺山林部では、生きとし生けるものが共に扶け合うというお大師さまのお教え、共利群生(きょうりぐんじょう)を目指した森づくりを行っています。

高野山はその歴史を経る中で、時代時代において

実に多くの人たちがその道の険しさにも関わらず集まり、

今日の姿に昇華されてきました。


この地は高度に研ぎ澄まされた私たち日本人ならではの精神が
今日の環境を育み、長い年月をかけて結実した
大きな結晶体のようにも感じられます。


 そんな聖地と呼ばれる場所で、様々な歴史を同じく経て育ててきた木々たち。

高野山の歴史と精神を一切反することなく自然と受け継いだ木々は、
今の世の中にこそ広めなければならない精神の結晶体なのかもしれません。

お大師さまの書

このロゴマークの「高野霊木」は、お大師さま(弘法大師空海)の書を使用しています。お大師さまは歴史上の書人で今も書名の高い能書家であり、嵯峨天皇、橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられます。その重みをしっかりと受け継ぎ、高野霊木をご提供していきます。

高野山 八葉の峰

点在する8つの花びらは高野山を織りなす8つの山を表現したエレメントです。この場所はお大師さま(弘法大師空海)が言われる「深山の平地」「平原の幽地」、つまり真言密教の中心であり、高野山の持続可能な環境を後世に残すというメッセージも託しています。

​証明書の発行

高野山から産出された木材であり、高野霊木のご使用により、高野山の森づくりに寄与されたことを総本山金剛峯寺が証明します。

焼印の押印

お大師さま(弘法大師空海)の書による「高野霊木」の焼印をお入れします。

ご購入いただいた高野霊木の製品には、
高野山の森林から産出された木材である証として、
「証明書の発行」と「焼き印の押印」を承っています。

 

​ご要望の方は、ご注文の際にお伝え下さいませ。